無秩序研究所

もちろん、何か研究してるわけじゃない。基本的に自分の書きたいことを適当に書くだけです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ニッケルオデオン

最近、道満晴明さんの漫画ニッケルオデオンにはまってます。

この漫画は、一話8ページの短編集で、

同じ登場人物が違う話に出てきたりすることも有りますが、

基本的には一話読みきりです。

ジャンルも一話ごとにかなり変わります。

悪魔や、人語をしゃべる虎、謎の組織に怪物と、

SFチックな登場人物も居れば、普通の人間もたくさん居ます。

けれど、どの話も不思議なことが起きます。

どうして、そんなことが起きてるかの説明は漫画中にはないのですが、

登場人物の会話で状況を判断できるというのが、この漫画の構成の妙かなと思ってます、

非常に上手い作りになっていて、超常的な話なのになんだかスッと読める、

これまた不思議な漫画です。

描写には若干グロい部分が有りますが、絵柄や登場人物の言動のおかげか

嫌な感じにはならないのもまたいいところ。(個人差はあるでしょうが・・・)

最近読んだ漫画の中では1番好きですね。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。