無秩序研究所

もちろん、何か研究してるわけじゃない。基本的に自分の書きたいことを適当に書くだけです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

星新一 ショートショート

フジテレビで、星新一ショートショートが五編、ドラマ化されてましたね。

「程度の問題」「霧の星で」「きまぐれロボット」「七人の犯罪者」「華やかな三つの願い」

の五つでしたが、僕が読んだことがあったのは「程度の問題」だけでした。

「程度の問題」は「ボッコちゃん」に収録されている話で、

ショートショートであらすじを書くのはナンセンスなので書きませんが、とりあえずスパイの話です。

「ボッコちゃん」に収録されているショートショートで他に印象的なのは、

「おーい でてこーい」「生活維持省」あたりですかね。

「ゆきとどいた生活」はタイトル自体がネタの一つになっていて面白いです。

他の作品よりも、オチがより重要な、いい意味で一発ネタのような作品も

ショートショートには多いですね。「ボッコちゃん」の中では

「親善キッス」「ねらわれた星」「プレゼント」あたりですかね。

「マネー・エイジ」や「肩の上の秘書」は話そのものは皮肉を含んでいても、

なんだかさらっと読めてしまう不思議さがありますね。

変な発明をする博士が出てきたり、悪魔が出てきたりする話も定番です。

こうしてみると、傾向がないわけではないものの、

非常に幅広いパターンのショートショートを書いていて、

やはり星新一の発想はすごいなと感心してしまいます。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。