無秩序研究所

もちろん、何か研究してるわけじゃない。基本的に自分の書きたいことを適当に書くだけです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ニッケルオデオン再び

ニッケルオデオン内の世界について大雑把にまとめてみる。

ニッケルオデオン青の最後の話(うたかたの日々)を読むと、

・虎とJKの話  Heart Food(赤・Scene 1)
・イズミとナヨタケさんの話  竹取パラダイム(赤・Scene 5)
・すぐ迷子になる子の話  迷子のチーコ(青・Scene 2)

は同じ世界を共有しているっぽいのがわかります。

さらにイズミは

カクリヨジョウント(赤・Scene 4)
遊星より愛をこめて(緑・Scene 6)

にも出てきます。

ちなみにイズミは大学生(?)→大学院生→教授というように成長しているので同じイズミの出てくる話でも、

時代は違うみたいです。

細かいこと言えば「遊星」でのイズミは名前呼ばれてないので同一人物じゃないと言われればそれまでかも。

そこまで突き詰めると細かすぎるかな?

まあどこまで同じ世界か、っていうの自体不毛ですが、あくまでもひとつの楽しみとして。

でもって、とある家族の飲尿法(青・Scene 6)に出てくるじいさんが居るコマがあるので、それも同じ世界。

よく読むとこの話とかわずカース(緑・Scene 3)はつながっているのがわかります。

さらにかわずカースに出てくる人物の話が魅惑のヴンダーカンマー(青・Scene 5)にも出てきます。

さらにさらにパラケルススの愛弟子達(赤・Scene 12)にも、「魅惑の~」に出てくるキャラがいます。

あと、フェイスハガー(赤・Scene 6)の登場人物が「虎とJK」の話をします。

ここの登場人物は動物磁気性恋愛主義(赤・Scene 9)と恋わずらいラポール(緑・Scene 5)に出てきて、

これらの登場人物がヴィジランティ(赤・Scene 8)に出てくる学校に現れています。

まとめると、

Heart Food
カクリヨジョウント
竹取パラダイム
フェイスハガー
ヴィジランティ
動物磁気性恋愛主義
パラケルススの愛弟子達
かわずカース
恋わずらいラポール
遊星より愛をこめて
迷子のチーコ
魅惑のヴンダーカンマー
とある家族の飲尿法
うたかたの日々

は同じ世界(時代は少し違う)を共有しているみたいです。

小ネタとしてのクロスオーバーが好きなので、こういうのを探すのはなかなか楽しいです。

ちなみに菅原が出てくるのは

コピ・コピ・ルアク(赤・Scene 2)
ヒールとスニーカー(赤・Scene 7)
かいばみ幽霊(青・Scene 8)

の3つ、

伏見さんが出てくるのは

コロンバインで給食を(緑・Scene 1)
OKEYA(青・Scene 12)

の2つですかね。

もしかしたら見落としがあるかもしれませんが、とりあえずこんなところでしょうか。

スポンサーサイト

PageTop

ニッケルオデオン

結構前の話ですが、ニッケルオデオン最終巻となる青が発売されましたね。

IKKI休刊に伴うものなのか、もともと決まっていたのか、それはわかりませんが少し残念。

短篇集ゆえレビューも難しいかもしれませんが、赤・緑・青の三冊のお話について適当に書いてみます。

まずは赤から。

・Heart Food

虎とJKの話。普通に動物がしゃべるのに、そういうの気にしないJK。つよい。

この虎とJKはこの漫画の他の話にもうわさ話として出てくるんですよね。

ニッケルオデオンには同じ世界・時代とみられる短編がいくつかありますが、

全部世界観を共有するわけじゃなく時々そんな話がある、っていうのもなかなかおもしろいですね。

・コピ・コピ・ルアク

コーヒーの話・・・ではない。

彼女にふられた菅原くんのお話。に見せかけた何か。恋愛の話には違いない。

きちんとしたオチとか、爆笑できるギャグがあるわけではないけど、なんとなくいい雰囲気。

菅原くんも他の話にちょっと出てきますね。

・ファニーゲーム

一コマ目の衝撃のセリフと、登場人物が置かれている状況のギャップとか、

オチの後味の微妙な感じとか、単行本にあるおまけ一ページのあっさり感とか、すごく好き。

たった8ページの短編なのに、状況をしっかり捉えられるようなしっかりした作りになっていてさすがだなあと思います。

・カクリヨジョウント

カクリヨ、ってのは隠世とか幽世とか書く言葉のことかな。いちおう「あの世」とかそういう意味だけど、

この話ではもっと大きな意味かもしれない。作中に出てくる「ここじゃないどこか」ってことかな。

ジョウント、ってのはアルフレッド・ベスターのSFに出てくる瞬間移動の超能力のことらしい。

そういう壮大そうな、そして儚そうな題名で、結末も透明感というか、なんというか、

ボキャブラリーがなくていい言葉が思いつきませんがふんわりとしたオチ。

とかそういうところよりも、最後のコマの四角吹き出しとか、

「四月に施行されたアグネス法でオレは捕まったら裁判抜きで即死罪だ」というセリフとか、

そういうスパイス的な部分の印象が強い。これぞ道満先生節というか。

・竹取パラダイム

常識の範疇で言う「ドS」を超えたもっとすごい性格のナヨタケさん。

恋人(?)をとんでもない方法で翻弄するその姿はいっそ清々しい。

竹取パラダイム、ってのはどういう意味だろう。作中に「月までも追いかける」という話が出てくるけど、

つまりそれを可能にしようとするような、新しい概念の話、というか。

この話はカクリヨジョウントより時間的に前の話みたいですね。


この話の登場人物のイズミもまた他の話にちょいちょい出てきます。

イズミとナヨタケさんの話は、半ば都市伝説、おとぎ話として最終話の世界で語られてますけど、

その話の中では「そんなお伽話が実は本当だった」ことになってるっぽいので、

この話と同じ時代と世界での出来事、ってことになるのかな。

虎とJKの話の世界にイズミとナヨタケさんの話が出てくるのでイズミの出てくる世界は同じ世界ということになりますね。

これちゃんとまとめると面白そう。個人的に。

って思う方はやはり多かったようで、ニッケルオデオンで検索すればレビューのブログが結構引っかかります。

でもあえて書いてみるのも面白いですかね。


とりあえず今回はここまで。またいつか書くかも。


PageTop

宝石の国

遠い未来、僕らは「宝石」になった-----

というキャッチコピーの付いた漫画。

はるか遠くの未来、微小生物の作用で結晶化した生命体が暮らしている世界が舞台。

この生命体が「宝石」になるわけです。

28人の宝石たちは、自分たちを装飾品にしようとする「月人」と戦い、自分たちを守ります。

漫画全体としては、孤独な宝石「シンシャ」と、彼を救おうとする「フォスフォフィライト」の

交流が軸になりそうです。宝石たちの中で巻き起こる様々な騒動を織り交ぜ、物語は進みます。

単行本一巻発売を記念した時の、アニメーションPVもあります。



個性豊かな宝石たちの生活、そして戦いをぜひご覧ください。

僕のお気に入りキャラはフォスフォフィライトです。 

文字通り脆くて儚い身でありながら、人一倍負けん気の強いキャラクター。

愛嬌ありますね(^^)

PageTop

実は私は

「実は私は」っていう漫画の話。

最近ハマってる漫画の一つです。

吸血鬼やらなんやら、人外娘たちと、隠し事のできない男子が活躍する

ハーレムラブコメです。

公式にハーレムと書いてあったかは忘れましたが、

ハーレムって言ってしまっていいでしょう(笑)

主人公 黒峰朝陽が、意中の女子 白神葉子 に告白しようと、

放課後の教室に向かうと・・・ そこには羽を生やした白神さんの姿が!

なんと! 白神さんは吸血鬼だったのです! \デデーン!/

っていう感じです。そこからいろんな人外娘たちが現れて、黒峰くんが振り回される感じです。

基本ハチャメチャですが少しずつ恋愛も進展していくので見どころあり。

人外娘とは言うものの、基本的に「モンスター」と「人間」のハーフである人たちばかりなので、

そんなに人外要素は多くないかと。むしろラブコメとして面白いです。

僕の好きなキャラは藍澤さんです。特に四巻の藍澤さんはすごく可愛いので必見です(`・ω・´)

PageTop

漫画あらかると ~適当に書くだけ~

漫画について適当に綴るだけの記事。ゆるゆると。

久保保久氏の「よんでますよ、アザゼルさん。」はキャラの

外道っぷり、変人っぷり、変態っぷり、人外っぷり、

とにかくひどい(あくまで褒め言葉)漫画ですね。

これも突き抜けてて清々しいです。特にアニメの「変人48面相」の回は

ぶっ飛んだ原作をさらにぶっ飛ばしてとんでもない事になってました。

詳しく知りたい人は検索してみましょう!←

大武政夫氏の「ヒナまつり」は、前回や今回の記事で紹介しているものの中では

おとなしい方ですが、落ち着いた画風で描かれる突き抜けたギャグが腹筋を直撃します。

これは結構ギャグ漫画として名作だと思いましたね。

あ~そうくるかー そうきちゃうのかー あー

って感じのギャグが心地いいです。説明出来ていないのは気にしない。

PageTop

漫画あらかると? ~不条理とかサイコとか~

漫画のジャンル。冒険活劇だったり、ファンタジーだったり、

ラブコメだったり、スポーツだったり。

今もなお多数の漫画が生み出されているわけです。

もちろんこういう既存のジャンルにとどまらない吹っ飛んだ(?)漫画もたくさんあるわけで。

よく書店に行って、今読んでいる漫画の他に、新しく何か読み始めようと、

面白そうな漫画を探すんですが、タイトルと表紙を一見して「!?」と思うもの、

裏表紙の説明を読んで「???」と思うもの、

実際に買って読んで「!?!?」と思うもの。いろいろ有りますね。

最近ちらっと見たものでは紺野あずれ氏の「私立はかない学園」がインパクトありましたね。

まさに「作者は病気」ってやつですね。

ここまで突き抜けたものが来ると清々しいですね。

読んだものの中では道満晴明氏の「ぱら☆いぞ」かな。帯が内容を物語っていますね。

気になる人は検索してみましょう!←

4コママンガで、ほぼ全編下ネタというなんかどうしようもない(褒め言葉)作品です。

反転邪郎氏の「モコと歪んだ殺人鬼ども」あたりは、絵柄と内容のギャップが強い作品。

分かる人にはタイトルからなんとなく分かるかも。「悪の教典」の貴志祐介氏や

「ダンガンロンパ」の小高和剛氏が推薦してることもポイント。

「歪んだ殺人鬼ども」ということでいわゆるサイコホラーです。

ぶっちゃけグロい部分も多いですが絵のタッチのおかげかまだ読みやすいほうかと。

絵柄と内容の不一致といえばちょぼらうにょぽみ氏の漫画も外せない。

不条理に不条理を重ねた上に下ネタをぶっこんでくる「上級者向け」漫画ですね。

ちょっと前に「人志松本の○○な話」で天津向が紹介してました。

そのときの松本人志の反応がなんとも言えない感じになってました。そりゃそうなるよね。

氏の作品ではアニメにもなった「あいまいみー」が有名ですね。

ちょっと昔、ニコニコ動画で氏の作品を見ていたので、

アニメ化と聞いて、何が起きたのがちょっと分かりませんでした。

まさか氏の作品がアニメ化・・・!?と思いましたね。ええ。

世の中は広いのですね。うん。

PageTop

ご注文は?

最近、「ご注文はうさぎですか?」を読みました。

絵を見て買う、というのは今まであまりなかったのですが、

この本は絵を見て買いました。

キャラの絵も好みですし、(日本のはずなのに少なくとも日本ではない)背景の街並みも自分好み。

洒落た雰囲気が漂うのに、4コマの内容は予想のやや斜め上を行く、というのも面白い。

ティッピーというどう考えてもおかしい存在が一匹(一人?)居るのも突っ込みどころ。

それぞれのキャラが見た目によらないキャラ付けになってるのがいいですよね。

ココアが実は理系女子なのとかリゼが軍人気質なのとか、好きです。

要は、この漫画好きです。以上←

とにかく自分の好きな漫画を語るだけになってしまいました!

正直、検索すればあらすじや細かい紹介はいくらでも出てくるので、

ここではあえて紹介しない、というスタンスで・・・

逃げ、ではありません! 省エネです(笑)

簡単に説明するならば、高校に通うための下宿先である喫茶店ラビットハウスで働く主人公ココアと、

その友人達の日常系漫画。舞台は一応日本のどこからしいです。

でも背景や雰囲気は、ヨーロッパ(西欧も東欧も)などもモチーフの一つとなっています。

実際、作者のコメントにもヨーロッパの地名が出ますし。

正直に言うと、4コマなのであらすじというほどのあらすじもないですし・・・

とにかく! 僕が好きな漫画です!(逃げ)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。